仕事選びのポイント 優良な職場を見逃さないで!

第二新卒の求人探し

就職後、一年から三年未満で退職してしまう方が増え始め、第二新卒という言葉が生まれて定着しつつあります。企業側も採用に動いていますが、実際のところ採用に積極的な企業とそうでない企業の割合はほぼ同数という結果が出ています。採用を積極的に行っている企業は、即戦力として求めているため、求人にはある程度のスキルが求められています。
まったく社会経験がない人材を求めているわけではなく、一年から三年未満の間に社会人として働くスキルを身につけている、というのが第二新卒の条件になります。何かをやり遂げる前に離職したのだとしても、採用する企業にとっては「できる」ことが前提です。求人に対して前向きに自分が何を出来るのか、何を目指しているのかを明確にしてエントリーしましょう。
第二新卒の枠だけで仕事を探すと、かなり企業数は少なくなります。積極的に採用している企業とそうでない企業の割合がほぼ同数であるということは、それ以外の条件で求人を出している企業を見過ごさない方が採用のチャンスが広がるということです。利用出来る立場は最大限利用しつつ、他の企業へのエントリーも視野に入れた方が働く可能性は広がります。
例えば、働きたいと考えている企業が第二新卒の採用に前向き出ない場合、素直に諦めていては前に進めません。どのような方法で希望している会社に入社出来るのか考えてみましょう。まず、社会経験をしっかりと積み、スキルアップを計るのが前提です。チャレンジ精神を失くして、求人へのエントリーは出来ません。置かれた環境で頑張れるかどうかを企業は判断するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です